家を建てる際の優先順位は「省エネ性能」

家を建てる際の優先順位は「省エネ性能」

 

価格や間取りではなく省エネ性能が優先順位トップなんです。

 

特に秋田のような暖房する時期が長い地域では光熱費が非常に気になるところですね。

 

一言で省エネ性能と言いましても、それを高める要素は単に断熱材が厚ければ良いというものではありません。

 

断熱の工法も充填断熱、外断熱、最近ではダブル断熱といった断熱工法を取り入れる会社もあるようですし、断熱材そのものも様々な種類があります。

 

また、工法ひとつとっても省エネ性能は大きく左右されます。

 

 

 

 

ツーバイフォー断熱

ツーバイフォー工法は構造体の段階ですでに構造用合板で建物を囲っていますので、その時点である一定の断熱効果があります。

 

単に断熱材の厚さや量だけではなく、総体的な性能を把握される事をお勧めいたします。

 

あとは暖房機器そのものの性能による省エネ効果です。

 

熱源は電気?ガス?

 

床暖房が良いのか?壁付か?床置きか?あるいはペレットストーブ??

 

それぞれにメリットデメリットがありますのでじっくり検討されて選択してください。

 

 

お住まいに関するお問い合わせはお気軽にこちらから→お問い合わせフォーム