ママンの家ができるまで 内部仕上

一昨日くらいから風邪をひいてしまいました。


滅多なことでは風邪をひいたりしないのですが、珍しく調子が悪い日々を過ごしております。


しかし、そんななかでもやる事がいっぱいありすぎ、調子が悪いなどと言っていられない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、先日ごお知らせいたしました、ママンの家の完成見学会。


いよいよ完成間近となりました。


ちょっと更新頻度が落ちているあいだに、内装工事がほぼ終わってしまいました(汗



無垢材を多く採用していますので、塗装が多いのこの建物の特徴です。


床は勿論ですが、既製の建材をあまり使用しておりません。


これはお好みにもよるのですが、ナチュラルテイストをご提案するうえでは欠かせない仕様のひとつです。

今回の建物ではなんと施主様が自ら1Fの壁の塗装を施工されました。


実際のところ、下地や技術の問題から多少の不安はありました。


でも、それは「家族が作るママンの家」のコンセプトにぴったりな試みだと思いお勧めしました。


当日は奥様が中心となり、お子様とお父様親子3代で頑張って施工していただきました。


とても手作り感が溢れる内装工事は、素敵な思い出になった事と思います。


ビニールクロスを貼った部分は、これまた奥様が中心となり柄を選択しました。


貼り分けを上手に使い、とても上品なインテリアに仕上がりましたよ♪

まだまだ見所満載の「ママンの家」。


施主様のご厚意により見学会を開催させていただく事ができます。


是非ご見学にいらしてください。