ビオトープと多肉

たまには現場レポート以外の話題も♪


5月も後半、新緑が芽吹き、緑鮮やかな木々が早くも初夏を感じさせてくれます。


私の自宅の庭もだいぶ木々が茂り、バラのつぼみも大きくなってきました。


毎朝庭に出て植栽の成長を眺める事が一日の始まりの日課となっています。


そんななか、今年挑戦したのが「ビオトープ」


ビオトープとは、自然の生態系空間のことなのですが、昨今はそれを人工的に作ることを指す事が多いようです。


私が挑戦したのは素焼きのポットに土や石を敷き、そこに睡蓮などの水性植物を植えた中にメダカを放つという至ってシンプルなピオトープです。


メダカ、、、隠れちゃってますね(^_^;)


この小さな生態系では、自然に土の中に微生物が発生し、それをメダカが食べて、メダカの排泄物が植物を栄養として育つという好循環が生まれるという素晴らしい空間です。


まだ始めたばかりですが、今後植物が大きく育ち、メダカが沢山増えてくれることを楽しみにしたいと思います。


見ているだけで癒されますし、設置も簡単ですよ♪


多肉植物にも手を出してしまいました( ̄▽ ̄)


こちらも手がかからない癒しとしてお勧めですよ♪